1. HOME
  2. 不祝儀袋のマナー

不祝儀袋のマナー

葬式や法要の際に現金を包むときに使う物が不祝儀袋(ぶしゅうぎぶくろ)といいます。仏教の時は「御香典(ごこうでん)」「御香料(ごこうりょう)」、神道の場合は「御玉串料(みたまぐしりょう)」「御榊料(おさかきりょう)」、キリスト教の場合は「お花料(おはなりょう)」と表書きを書きます。相手の宗教が分からない時は「御霊前(ごれいぜん)」と書きます。

気をつけなければならないのは、仏教の際に浄土真宗以外は「御仏前(ごぶつぜん)」は49日を過ぎた法要の際の表書きになります。

不祝儀袋の書き方

【仏式】
白無地。黒か双銀の結び切りの水引。表書きは「御香料」「御香典」「御霊前」のいづれか。
仏式の不祝儀袋

【神式】
白無地。双銀が双白の結び切りの水引。表書きは「御玉串料」「御榊料」「御霊前」のいづれか。
神式の不祝儀袋

【キリスト教】
白無地封筒。百合の花や十字架の描かれた一般の封筒など。表書きは「お花料」「御霊前」のいづれか。
キリスト教の不祝儀袋

連名で贈りたい時はどうすればいいの?
こういった献金はできる限り一人づつ贈るのが慣わしなのですが、例えば職場の仲間で少額をまとめて贈りたいなどといった場合は、~3名程度までであれば連名で名前を書き、それ以上の場合は代表者の名前の左横に「外一同」と記載して贈ります。

 

散骨@マガジン