1. HOME
  2. 喪服のマナーについて

男性の喪服マナー

正式な第一正装は紋付袴ですが、現代においては洋装が主流ですので、ほとんどの方はスーツを着用しています。洋装の場合、第一正装はモーニングコートですが、名前の通りこれらは朝着用なので、夕刻以降に行われる通夜などでは着ることができません。また、これらの第一正装は遺族や近親者のみが対象になりますので、その他の方は略礼装であるブラックスーツを着用します。

【正式礼装】
男性の喪服

  • 黒無地のシングルまたはダブルのスーツ。
  • ワイシャツは白。
  • ネクタイは黒(タイピンつけない)
  • 靴下は黒無地。
  • 靴は黒。
  • 金色の腕時計やアクセサリーははずす。

【略礼装】ブラックスーツ
着用できるのは喪主、遺族、近親者(血縁関係)、葬儀委員長、社葬の際の葬儀主催者や弔辞朗読者のみ。

  • ベストの白襟ははずすこと。
  • ジャケットのボタンは普通の合わせにする。
ダークスーツでもOKですか?
濃紺や濃いグレーの無地のダークスーツも略礼装なので着用できます。但し、最近流行の生地にストライプが入っていたりするものはダメです。ネクタイは黒で無くても地味な色(グレーなど)であればOKです。一般会葬者の場合は葬儀や告別式であってもダークスーツはOKです。

 

散骨代行・東京湾